看護学部

多様な人々を受け入れ、
他者に寄り添うために豊かな
人間性と幅広い知識教養を培う

現代の保健・医療・福祉の現場では、
医療の高度化や
患者・家族のニーズの多様化、
チーム医療の推進などに
対応できる看護師が求められています。
少子化や核家族化、
超高齢社会など人口問題に端を発した
医療における課題を、
看護師は医師や他の専門職と連携しながら、
解決に向けて取り組んでいます。
看護学を学ぶことは、
豊かな人間性と他者を思いやる心、
高い倫理観に基づいた
看護実践能力を身につけ、
主体的に自己研鑽できる
能力を培うことを意味します。
今後、社会構造の変化や、
医療や科学技術のさらなる発展に伴い、
看護師に求められる「力」は変わり続けます。
看護学は、生涯学び続けることができる学問です。

アドミッションポリシー

看護学部は、学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)及び教育課程の編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)との関連性を踏まえるとともに、学部共通の入学者受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)に基づき、次のように定める。


1.求める学生像
看護学部看護学科は、多様な健康問題を持つ人々の尊厳と権利を擁護するための倫理観を有し、地域の生活環境及びチーム医療において看護専門職として多職種と協働して問題を解決するために、調整能力、科学的・論理的思考力、創造的探究心、研究的態度を持つ人材の育成を目指している。したがって、学生には、自己と他者の価値観や地域・社会・文化を尊重しつつ、主体的に学修し、成長を目指していく姿勢や意欲を持つことを求める。


2.入学者選抜において評価する点
人の生命と尊厳に関わる看護専門職を目指すには、高い倫理観と生涯にわたって進んで知識・教養・技能を高めようとする態度が必要である。
そのため、看護学部看護学科では、基礎的学力を有し、人々の保健・医療・福祉に貢献したいという意欲を持ち、他者を尊重し、関心を寄せ、思いやる心を持って自らコミュニケーションを図り、信頼関係を構築しようとする姿勢や問題に対して誠実に向き合い、公平・公正に事象を捉えようとする態度を評価する。


3.入学前学習として求めること
看護学部看護学科では、 高等学校の主要教科(国語、数学、英語、生物、化学)の基礎学力をバランスよく確実に身に付けておくことを求める。また、課外活動などにも積極的に取り組み、人々に関心を持って関わることで、多様な価値観に触れて広い視野を持つことやコミュニケーション能力を高める重要性を理解し、行動していることを求める。さらに、マスメディアなどから健康・医療・福祉などに関する情報を得ることや、自ら興味・関心を持ったテーマに関して探求する積極的態度を持っていることなどを求める。

看護学部 学科一覧