人間共生学部

共生という視点から、他者と
連携・協働し、新しい関係を
構築する力を身につける

世界規模で「多文化共生」を
キーワードとした社会課題が
注目されている現代。
人と人だけでなく、
人と組織、地域、社会、自然などとの
新しい関係のあり方が問われています。
言語だけではなく、
異文化、心理、メディアなどの
視点も取り入れた「コミュニケーション」。
そして、物事を構想する力と、
それを実現するための
モノ・コトの具体的な「デザイン」。
これらの力を訓練し、
身につけるためには、
教室の中での学びだけではなく、
実践の「場」が必要不可欠です。
人間共生学部での学びは、
土台となる幅広い教養に加え、
実際の地域や社会を「現場」としながら、
これらの知識と技術を身につけていきます。

アドミッションポリシー

人間共生学部は、学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)及び教育課程の編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)との関連性を踏まえるとともに、学部共通の入学者受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)に基づき、次のように定める。

【コミュニケーション学科】

1.求める学生像
人間共生学部コミュニケーション学科は、多様な文化や価値観を持つ人々と心を通いあう人間関係を構築するために、コミュニケーション能力を身に付け、共生社会の一員として活躍できる学生を求める。高等学校までに到達する学力のうち、「知識・技能」「思考力・判断力」とともに、積極的に国内外の地域や社会に関心を持ち、社会参加や連携の機会を生かして、能動的に人間関係を構築するための「主体性」を持つ学生を求める。


2.入学者選抜において評価する点
人間共生学部コミュニケーション学科は、コミュニケーション能力の基礎として、一般入学者選抜試験や大学入試センター試験利用選抜試験において、英語能力を高く評価する。また、AO選抜試験では、資格型として中国語部門を設け、中国語能力を評価する。


3.入学前学習として求めること
人間共生学部コミュニケーション学科は、グローバルな視点から、国内外の地域や社会に対して関心を持つために、高等学校までの基礎学力を身に付けたうえで、インターネットや新聞、書籍等のメディアを通して、情報の理解や獲得に努めることを求める。さらに多様な情報を収集し、論理的に整理する機会を積極的に作ることを求める。また、英語や中国語の言語運用能力獲得はコミュニケーションの道具として有効であるため、高等学校までの学習を継続し、さらに能力を向上することを求める。

【共生デザイン学科】

1.求める学生像
人間共生学部共生デザイン学科は、多様な生活文化や価値観を尊重及び自然環境を配慮し、「共生を実現するライフスタイルの創造」ができる学生を求める。高等学校までに到達する学力のうち、「知識・技能」「思考力・判断力」とともに、社会において他者と協働しながら「主体的」に課題に取り組む姿勢と、共生のデザインに関わる知識と技術を融合させ、実践的に社会貢献する意欲を持つ学生を求める。


2.入学者選抜において評価する点
人間共生学部共生デザイン学科では、デザインの基礎となる能力を評価するために、一般入学者選抜(前期日程(全学部統一2科目型を除く)・後期日程)では、文系・理系学生を幅広く採用することを考え、国語と数学からの1科目選択を採用している。また、AO選抜試験では、課題型プレゼンテーション部門を設け、出題された課題に対する取組みの成果を通じて、論理性、創造性、表現力やプレゼンテーション能力を評価する。


3.入学前学習として求めること
人間共生学部共生デザイン学科では、高等学校までの基礎学力を身に付けたうえで、社会の諸問題に関心を持ち、有形・無形のデザインを制作・鑑賞する機会を積極的に作ることを求める。それにより、暮らしや地域の課題にデザインを通して、寄与しようとする意欲を高めることを望む。また、高等学校までの学習を継続し、自分の考えを口頭、文章、さらにはデザインを用いて表現するための能力を向上させることを求める。

人間共生学部 学科一覧