国際文化学部

世界の言葉と文化を学び、
地球規模で互いに
分かり合える力を育む

最近よく耳にする「グローバル化」。
それが、遠い未来の、
そして国外のことではなく、
今、日本国内で
急速に進んでいることは、
街のあちこちで多言語対応の表示を
目にするようになったことからも
実感できます。
これからの時代は言葉や文化の違いを超えて、
地球規模で暮らしていこうとする心構えや、
考え方が必要です。
国際共通語としての英語はもちろん、
アジアやヨーロッパの国々の言葉を
身につけ文化を理解することで、
言語だけでなく、文化や教育、宗教、生活習慣などの
バックグラウンドの異なる人たちとも
互いに分かり合う。
それが、これからの時代を地球人として
生きる若者たちに
今、最も必要なことなのです。

アドミッションポリシー

国際文化学部は、学位授与方針(ディプロマ・ポリシー)及び教育課程の編成・実施方針(カリキュラム・ポリシー)との関連性を踏まえるとともに、学部共通の入学者受け入れ方針(アドミッション・ポリシー)に基づき、次のように定める。

【英語文化学科】

1.求める学生像
国際文化学部英語文化学科は、国際共通語としての英語を用いて、文化的背景が異なる人々と相互理解を図り、協働できるグローバル市民を育成することを目的としている。そこで、学位授与方針及び教育課程の編成・実施方針に定める教育を受けるために必要な、次に掲げる知識・技能、意欲を備えた学生を求める。

  • 国際社会で起きていることに関する基礎的な知識・理解
  • 他者の文化的背景を尊重しながら対話する、基礎的な英語コミュニケーション能力
  • 英語圏の文化・文学・言語などの諸問題に関心を持ち、主体的に取り組む意欲


2.入学者選抜において評価する点
国際文化学部英語文化学科では、協働的なゼミナールでの学びを基盤として、英語圏の文化・文学・言語に関する課題を自ら発見し探究する卒業論文を学びの集大成と位置付けている。そこで、以下の観点に基づいて入学者を選抜する。

  • 高等学校で履修した教科のうち特に英語と国語の基礎的な知識・理解
  • 英語及び日本語で書かれたり話されたりした内容の要点を理解した上で自らの考えや意見を述べる基礎的な表現技能
  • 国際社会において他者と協働しながら主体的に行動しようとする意欲


3.入学前学習として求めること
国際文化学部英語文化学科の授業では、英語圏の文化・文学・言語を題材として、英語及び日本語での対話を通じて協働的に学ぶ。そこで、入学前学習として、以下を求める。

  • 日常的・継続的な英語学習習慣を身に付けること
  • 日々ニュースを視聴したり、読書をしたりして、国際社会に関する情報を幅広く収集するとともに、国際社会と日本との関わりについて問題意識を持つこと
  • 高等学校の授業や課外活動に主体的に取り組むことで、他者や社会との関わりを多く体験すること

【比較文化学科】

1.求める学生像
国際文化学部比較文化学科は、「異文化理解」と「共生」の精神を養い、日本を軸に据え、アジアや欧米諸国の言語・文化・歴史・生活について学び、多文化共生社会の実現に貢献できる人材を育成することを目的としている。そこで、学位授与方針及び教育課程の編成・実施方針に定める教育を受けるために必要な、次に掲げる知識・理解・技能、意欲を備えた学生を求める。

  • 日本国内や国際社会で起きていることに関する基礎的な知識・理解
  • 他者の文化的背景を尊重しながら対話する、基礎的な言語コミュニケーション能力
  • 日本をはじめ、アジアや欧米諸国の言語・文化・歴史・生活などの諸問題に関心を持ち、主体的に取り組む姿勢


2.入学者選抜において評価する点
国際文化学部比較文化学科では、学生が主体的に取り組む卒業論文を、学びの集大成と位置付けている。卒業論文で探求する課題は、ゼミナールで協働的に学びながら、学生自らが見出していくものである。そこで、以下の観点に基づいて入学者を選抜する。

  • 高等学校で履修した教科のうち、特に国語、英語、及び社会の基礎的な知識・理解
  • 書かれたり話されたりした内容の要点を理解した上で、自らの考えや意見を述べる基礎的な表現技能
  • 国際社会において他者と協働しながら主体的に行動しようとする意欲


3.入学前学習として求めること
国際文化学部比較文化学科の授業では、異文化理解を深めるための地域研究として、3つの地域文化・7つの国の専攻領域を設け、学生は各自の関心に合わせて選択し学ぶことになる。そこで、入学前学習として、以下を求める。

  • 日常的・継続的な英語学習習慣を身に付けること
  • アジアや欧米諸国の言語(中国語、韓国・朝鮮語、フランス語、ドイツ語、スペイン語)に関心を持つこと
  • 日本を含む世界各国各地域の宗教・文化・歴史・生活を積極的に学ぶよう努めること
  • 自らが生活する地域社会に関心を持ち、社会貢献活動に自発的に参加すること
  • 高等学校の授業や課外活動に主体的に取り組むことで、課題を自ら発見し、適切な手法を用いて解決する機会を持つこと

国際文化学部 学科一覧